チックやトゥレットの症状が酷い!重症化の特徴と使える緊急対処法とは

チック症・トゥレット症候群の症状がひどく、
重症化してしまった時の緊急対処法と、悪化した時の症状の特徴をお話しします

チックの症状が人それぞれなのですが、症状があまりに酷いと気になって仕方ないですよね。

先生
そんなときに覚えておいて欲しいことをお話していきたいと思います!

酷くなると症状が複合化する

skin-care-937667_960_720
まずはどのようなチックなのかを明らかにする必要があります。

主に一過性のものなのか、または慢性的なものなのかを見極めるということです。

運動、音声チックは代表的なまばたきやうねり声のようなものだけではなく、それぞれ人によって症状は異なりますし、

それが複合化してしまうことで、より奇妙な動き、発音をするようになリマス。

チックが酷くなると単一の行動ではなく、複合化するようになります。

例えば、首を振る行為を頻繁にしていたとすると、
それにまばたきが加わったり、顔をしかめるように変な顔を首を振りながらしてしまうようにもなるのです。

もちろん首を振りながら奇声や咳払いをするように、運動と音声とが複合化するようになってしまうんですよね。

厄介なのは、その頻度や強度だけではないということを覚えておいてくださいね!

チックが自分だけではなくて相手にも嫌な思いをさせてしまう

fair-540126_960_720
チック症があまりに酷いと自分でもそれが嫌になって余計に気になってしまいますし、

大人の場合は同棲している相手に心理的な負担をかけてしまうようになります。

自分の友人、親族にチック症で悩んでいる恋人を紹介するとなると、少し不安になりますし

「なんであんな変な人と付き合っているの?(結婚するの?)」
と思われてることで心理的にもプレッシャーになりますよね。

それを悩んでいることを本人に言葉で伝えるのは思わず躊躇ってしまいますし、自分の異変を相手が察することで築き上げて来た関係性まで崩れてしまいそうになります。

言葉で酷いチックを注意する事も出来なければ、時間を共有することすらできないとなると

チックやトゥレット症候群が直接的な別れる原因にもなりかねません。

緊急対処として薬物治療で一旦の鎮静化を計るべき

medications-257344_960_720

薬物治療だけでこの病気を完治させることはできません
というのもただ単に薬さえ飲めば良いというのは間違っています

しかしチック症・トゥレット症候群が悪化してしまっているなら薬で沈静化を図るのも効果的です。
緊急対処として鎮静化を計ってください。

もちろんすべての人に効果があるわけではありませんが、

あまりに酷い場合や一定期間だけなんとしても症状を止めたい
場合はハロペリドールなどの薬を処方してもらうのもひとつの手かもしれません。

というのも薬の効果を実感する事が出来れば症状は50%は軽減することがあるからなんですよね。

そして薬の効き目があるうちに酷いチック症やトゥレット症候群を克服する方法を実践することをおすすめします

関連記事
元チック患者が語る!重度のチック症(トゥレット症候群)は本当に再発なく治るのか?


スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ