チック症は自律神経失調症を招き易い!こんな自覚症状はありませんか?

チック症やトゥレット症候群で悩まされている人は自律神経失調症という病気になりやすいんです。

今回はこの病気について深くお話していきたいとおもいます!

関連記事チック症はパニック障害を招きやすい!あなたはこんな症状を抱えていませんか?

どんな症状なのか?

自律神経失調症の症状は人によって異なるのですが

  • 慢性的な吐き気
  • 下痢・便秘の繰り返し
  • オナラが止まらない
  • 嘔吐することに恐怖を感じる
  • 手足の平に汗を掻く
  • 呼吸が乱れることがある
  • 動悸を感じる
  • 精神的に不安定に成る

これらの他に夜に寝付くまでに時間が掛かることがあったり、強烈な不安感を伴うことがあります。

自律神経失調症の症状はこれらの症状の複数が混ざったものだというとイメージしやすいでしょうか。

人間の生命は自律神経のよって保たれているのです。

自律神経には交感神経と副交感神経があるのですが、いわばこれらはアクセルとブレーキの関係です。

このバランスが乱れてしまうと私たちが無意識的に行っている、消化・吸収・排出・呼吸のバランスが

コントロールすることができずに乱れてしまうので、その乱れが人間の身体のどの部分に反映されるのかは人によって違うのですが、

総じて体調の不良と生きにくさを感じるように成るのは間違いありません

危険度のチェックをしてみましょう

チック症とパニック障害もそうですし、自律神経失調症は併発しやすのですが、

いまのあなたの自律神経失調症に罹り易い状態なのか、その危険度のチェックをしてみましょう

  • 人よりも体力がないと思うときがある
  • 慢性的にお腹に不調を感じることがある
  • 息が切れるのが早い
  • なんだかわからないけど身体が疲れやすく、疲弊しやすい
  • 肩や首が凝り易い
  • 手足が冷え易い
  • 足がむくみやすい
  • 尿が人と比べると近い
  • 気候の変化の影響を良く受けることがある
  • 目が乾き易かったりチカチカすることがある

このような項目にあなたはいくつ当てはまりますか?

自律神経失調症の症状は目に見えるものではなく、自分で自覚するものなので病気の進行具合が解らず、発見が遅れると克服するのにも時間が掛かり易くなってしまうんですよね。

どんなことが発症に繋がるのか?

自律神経失調症にはなるべく罹りたくないですよね。

  • 生活習慣の乱れ
  • 免疫力の低下
  • ストレスが過多状態が続く

これらのことが発症に繋がるのですが、あなたの日々の生活は精神と肉体に負担がかかるものではないですか?

関連記事重度のチック症(トゥレット症候群)は本当に再発なく治るのか?


スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ