全部で5種類あるトゥレット症候群の治療法で最もおすすめな治療法とは

トゥレット症候群を克服するための方法は5種類あります。

先生
それらは一体どんなものなのかをあなたにすべて御伝えするのでぜひ参考にしてみてくださいね

トゥレット症候群は決して治らない病気ではありません
適切な処置を行うことで消し去ることもできるのです

5種類ある治療法の中で最もおすすめな治療法に関しては
後半お伝えしているのでぜひ参考にしてください。

心理教育的方法

anxiety-2019928_960_720

心理教育的方法は
患者さんとその家族に行われるもので、トゥレット症候群の説明や日常生活での注意点などを医師から説明されます。

また
患者さんが一体どのような症状があり、
それはいつ起こるものなのかというチェック項目で確認しマークをすることで

まずは自覚症状をチェックするところから始まります。

記録用紙を渡し患者さんや家族にまずは安心してもらう方法です。

また患者さんが子供の場合は学校に報告書を提出したり、理解の徹底を求めることもあります。

心理教育的方法はは英国のやり方でまだ日本ではこの方法は浸透しておりません。

心理療法

heartbeat-163709_960_720
患者さんの不安を取り除くために行われるもので
カウンセリングを通じて不安を取り除き、自信を持たせるといった効果があります。

トゥレット症候群で悩まされている人が
一人の人間としても尊厳と威厳を持つための心理的なサポートがメインの療法です。

トゥレット症候群が原因でいじめや拒絶を受けないように、
またたとえ受けたとしてもしっかりとそれに立ち向かえるようにする心のサポートするのが目的です。

自分への自信がなくなる事で不安障害やひきこもりに繋がることがあるのでそれを避ける目的もありますね。

薬物治療

diabetes-528678_960_720

トゥレット症候群の症状である多動性運動チックや音声チックに分類される汚言症、睡眠障害を薬によって制限される治療法です。

主にドーパミン、ノンアドレナリン、セロトニンを化学物質服用で正常化させ、症状を抑えさせるのです。

  • 精神遮断薬
  • ハロペリドール
  • ピモジド
  • スルピリド
  • チアプリド

これらの薬が良く使用されるのですが、
適法・適量を守らないと強い副作用に襲われることがあるでしょう。

確かに薬物治療は有効ではあるのですが、
トゥレット症候群は発症から1年以上経っており症状が慢性化しやすいのが特徴です。

また薬を服用したからといって必ずしも治るという保証はなく、
むしろ別の病気を併発する危険性すらあることを覚えておかなくてはなりません。

薬を服用することによって記憶力や集中力が低下するだけではなく
筋肉に作用しすぎてしまうと口が開かなく成る、言葉を発することができなくなることもあります。

トゥレット症候群に間接的に効果があると言われる薬は以下の通りです。

  • ベンゾジアゼピン
  • オピオイド
  • リチウム
  • マリファナ(日本では非合法)
  • メラトニン

手術

wwea

運動性、音声チックを解消させるために手術は1990年代で有効であると認められました。

神経遮断手術なのですが、しかし実際に手術を実施した件数は
5年でたったの40件しかなく術後の観測データも公表されていないことから疑問点が残る解決法です。

しかし今後医療の発展に伴い、手術の出刀件数が伸びて行く可能性があることも言及しておきます。

タイプ別に分けて解消させていく方法

  • 「チック症」+「一過性」タイプ
  • 「チック症」+「慢性」タイプ
  • 「チック症」+「トゥレット障害」タイプ

チック症・トゥレット症候群はこれら3つのタイプに分かれているのですが、

まずはあなたがどのタイプなのかを診断するところから始めます。

人それぞれの症状をまとめて治療するよりも、より個別にアプローチした方が効果的ですよね。

これらの根本的な要因を知り、
それぞれのタイプに合った克服法を実践していくのは一番問題を解決してくれます。

症状を我慢するとうずうずして余計に悪化してしまうことがある・・・
変な人だと怪しい目で見られることがある・・・
誰もこの苦しみを理解してくれず孤独を感じることがある・・・

私も過去にチックと重度のトゥレット症候群に悩まされていました。

そんな私は「タイプ別に分けて解消させていく方法」により、
改善させることができました。

そのプログラムの情報を共有したいと思います。

たった1日6分という隙間時間が克服できるとしたらこのプログラムがおすすめです

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ