トゥレット症候群はチック症のなかでも重症度の高いものである

トゥレット症候群はチック症のなかでも重症度の高いものである

主な症状は?

photo
トゥレット症候群は広い意味ではチック症と同じなのですが細かく言うと異なる病気であり、日常生活に支障が出ることがあります。

運動性も音声型のチックも症状としてあり、1年以上その状態が続くのが特徴です。

身体を動かしたい衝動や言ってはいけない言葉を発したい衝動に駆られ、我慢しようとしてもむずむずして足をばたつかせてしまったりイライラと貧乏ゆすりを繰り返してしまうことがあるのです。

衝動を抑えこむことができればよいのですが、そうではないと社会的な規範に乗っ取った人ではなく、危険な人物、いかがわしい人という評価を下されてしまうのです。

本人は悪気があるわけでは決してなく、むしろ周囲に気を配るタイプなのですがどうしてもその衝動を押さえ込むことが難しいのです。

汚い言葉を発してしまう・・・

トゥレット症候群患者で若年層はまだ許されることはあるのですが、年を重ねるにつれて言葉にデリケートさを求める日本人の器質には合わなくなってしまうことがあります。

下ネタや人の悪口を際限なく発してしまうので

「集団生活には合わない人」というレッテルを張られてしまう事が多く、日常生活に支障が出たりいじめの対象になりかねません。

成人になってもこの汚言症に患わされる人も多く実際にトゥレット症候群で悩んでいる人の薬30%は汚言症で悩まされているというデータもあります。

混合型なのでやっかいさがつきまとう

さきほどの汚言症に加えて運動性チックの症状にも悩まれることがあるのがトゥレット症候群の辛いところですよね。

最初はまばたきが多いだけだったにも関わらず時間が経つにつれて顔をしかめたり貧乏ゆすりが止まらなく成るようになります。

見かけは完全に不審者として扱われるようになり、チック症の重症度が高い病気だと言えます。

では非常に厄介なこの病気をどうやったら治す事が出来るのでしょうか?

ただ無意味な行動に永遠に悩まされなくてはならないのでしょうか?

いいえ。違います。このトゥレット症候群を治す方法はあるのです。

ではその方法を詳しくみていきましょう。続きをご覧に鳴ってくださいね!

続きトゥレット症候群の治療法は全部で5種類あるのですが、おすすめは・・・


スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ