チック症にエビリファイ(アリピプラゾール)はどんな効果があるのか?まとめてみた

今回は
エビリファイ(アリピプラゾール)の働きとこの薬がどのような効果をもたらせてくれるのか?
についてお話していきたいと思います。

チック症やトゥレット症候群と診断されたときに一緒に処方される薬なんです。

先生
処方された薬をただ服用するのではなくてしっかりと正しい知識を付けていきましょうね!

特徴について

N934_karutewomitekangaerudr-thumb-815xauto-14327
エビリファイ(アリピプラゾール)は一般的には統合失調症の患者さんによく処方される薬なのです。

チック症患者にも処方されるものなのですが、これはドーパミンの量を調整することができるという特徴があります。

そもそもドーパミンが分泌されることは人間が生きて行く上で必要不可欠なものなのですがその量が多いと冷静な判断や冷静な行動を取ることができなくなってしまうんです。

ドーパミンとドーパミン受容体が結合することによって、脳内で作用するのですが

他の薬はドーパミンの量は減らすことはなく、ドーパミンとドーパミン受容体が結合を阻害する効果があります。

先生
しかしエビリファイ(アリピプラゾール)は受容体との結合を阻害するのではなくて、もともとのドーパミンの量を減らす効果があるのです。

阻害薬も有効なのですが、
必要以上に受容体との結合を阻害してしまうと今度は量が少なくなり、過少状態に陥ることで
これまた活動異常が起こる危険性が高まります。

そう思うと、
元々分泌されるドーパミン量を適切な状態にするという効果はエビリファイ(アリピプラゾール)以外の他の薬にはないと言ってもよいでしょう。

ドーパミンの量が多いと買い物依存、ギャンブル依存などの依存状態に陥りやすく、

逆に少ないと、

  • 手足が震えて来る
  • 呼吸が乱れる
  • 物忘れが多くなる

このような弊害があるので、
一定の分量を保つ事は非常に重要だということが解ったと思います。

メリットとデメリットは?

medications-257344_960_720
エビリファイ(アリピプラゾール)のメリットは先ほどの特徴でもお話した通り、ドーパミンの量を一定にする効果があることです。

また他の薬と比べると効果が緩やかなので、同時に副作用のリスクが少ないことも挙げられます。

いきなり強めの薬ではなくてまずはこの薬でどれくらいの効果があるのか?を経過でみることができるというメリット(長所)がありますよね。

そのデメリット(短所)は強めの薬ではなくので人によっては全く効果がないということです。

効果が強いのか、薄いのかはメリットになるし、デメリットにもなるということですね。

注意点

slip-up-709045_960_720
エビリファイ(アリピプラゾール)は副作用としてアカシジアというものがあります。

これは薬を飲むと

足がむずむず痒みや動かしたくなる衝動に駆られてしまうというものです。

このアカシジアは

  • じっと座っていることができない
  • 集中力が無くなる
  • そわそわしてしまう
  • 興味がない人の話を聴くことができない
  • 幻聴が聞こえる

このような症状が副作用として観測されることがあるのです。

チック症やトゥレット症候群も症状にも似ているのですが、これが副作用なのか、ただ薬が効いていなくチックが悪化したのは一見すると解りにくい

ということがありますので、エビリファイ(アリピプラゾール)を服用するときに
十分に経過を観測する必要があると言えるでしょう。

先生
異常が起きたら直ちに服用をやめてくださいね

関連記事
元チック患者が語る!重度のチック症(トゥレット症候群)は本当に再発なく治るのか?


スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ