トゥレット症候群とADHDは合併症を引き起こす事ほど関係は深く共通する点も多い

トゥレット症候群患者の約2割の人はADHD(注意欠陥多動性障害)の合併症が見られるほど共通点が多く両者には関係性があると考えられています。

ADHDはどんな症状なのかを知る事はトゥレット症候群の悪化を防ぐときに必要な知識です。

なのでしっかりとこの記事を読んで知識を貯えてくださいね

そもそもどんな病気なのか?

deskshiryou

ADHDには以下のような症状があります。

  • 衝動性(考えることなく勝手に行動を起こしてしまう)
  • 多動性(心の中のアンテナが過敏なために些細な刺激には反応してしまう)
  • 不注意(集中することができなくすぐに気が散ってしまう)

このような症状があるのです。

ADHDは知能数が低いというわけではないのにも関わらず簡単な漢字が書けないことがあります。

またじっと座っていることが難しいために勉強をすることができないこともあるのです。

学習がし辛い傾向に在るのですが知能数が単に低いというわけではありません。

併発しているとどんな風になるのか?

トゥレット症候群とADHDを併発していると、「集中力」が低下し、「衝動性」が高まる傾向になります。

学校ではじっとイスに座っていることができなく足をバタバタさせたり、ペン先を何度も机にぶつけて芯を折ったり集中力の欠如が見られるでしょう。

またADHDを発症したあとにトゥレット症候群を引き起こすこともありますし、その逆に十分にありえるのです。

汚言症も悪化することもあり、人に対して適切ではない言葉や単純な言葉を何度も繰り返すこともありますね。

注意することも必要なのですがあまりに酷く怒鳴ってしまうと自分に対して自信を持つ事が出来なく、自暴自棄にもなることもあるので気分が乱高下しないような

叱り方を一貫性をもってすることがポイントになります。

パニックを起こすようなら検査するべき

ADHD(注意欠陥多動性障害)の症状が観測されパニックを引き起こしているのであればしっかりと検査をする必要がありますね。

トゥレット症候群とADHDは大人でも悩まされることがあるのですが、トゥレット症候群を克服するために薬物療法は必要はありません。

関連記事トゥレット症候群の治療法は全部で5種類あるのですが、おすすめは・・・

具体的な克服方法を知りたいのであれば関連記事を参考にしてみてくださいね!


スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ