チック症の症状であるイライラする咳払い!誰でも解るように解説してみた

チック症(トゥレット症候群)の咳払いの症状についてフォーカスしていきたいと思います。

大人の場合と子供の場合の2つのケースがあるので、
両方とも詳しくみていきましょう

質問を頂きました

【Q】私の夫は良く咳払いをしているのですが、少しうるさく気になってしまいます。

交際しているときから気がついていたのですが、なにか喉に異変がある!というわけではなさそうです。

なにかタンなのか詰まっている時は別の音がするのですが、その咳払いが癖になっているようです。自分でいろいろと調べてみたのですが、これはチック症の症状だとわかりました。

この症状についてもう少し詳しくお聞かせ頂けますでしょうか??またこの癖を注意しても良いでしょうか??

先生
簡単にお話して行きますね

これは音声型に分類される

woman-570883_960_720

チック症と言っても

  • 運動型
  • 音声型

これらに分かれており、咳をするときに音が出るので音声型に分類されます。

子供の頃は一過性のチック症としての症状が見せるのですが、大人になってもその癖が直らない場合は慢性型といっても良いでしょう。

悩む女性
私の夫は良く咳払いをしているのですが、少しうるさく気になってしまいます。
先生
本人が咳払いをしていることを気がついていないという可能性もあるので、

たまぁに咳しているけど、なにか喉に詰まっているの?
と優しく聞いてみるとよいでしょう。

「え??そんなことしている??」と無自覚の場合はチック症を疑って間違いないです。

それが子供のころからの癖なのか?も一緒に確認しておいてくださいね。

また咳払いをしている度に注意や指摘は絶対にしないでください。
これは子供も同じなのですが、繰り返しその度に注意しているとその「癖」の頻度が多く成り、

日常生活を送ったり仕事をする際に周りに「迷惑」をかけてしまう可能性があります。

子供の場合も同様に注意はしない

1417651879038977000
子供の咳払いは大人の注意を引くためにする場合はあり、その度に子供を構って上げてしまうと

「それをすればママ(パパ)は構ってくれるんだ!」と想い、癖になってしまうことがあります。

チック症は子育ての仕方に影響が出ている!というわけではありませんが、しっかりと良い事と悪い事を子供に自覚させる必要があることは確かなことです。

子供は一過性的にチック症の症状が出ることがありますが、これは成長ととも解消されていくことが多いのでそこまで気にする必要はないでしょう。

関連記事強迫性の強いこんなチック症に要注意してください


スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ