元チック患者が語る!重度のチック症(トゥレット症候群)は本当に再発なく治るのか?

頭を振ること止めることができない・・・
症状を我慢しようとするとむずむずして気持ちが悪い・・・
無意識のうちにやってしまい人に誤解されてしまう・・・

半年以上、チック症やトゥレット症候群を治す事が出来ていない人は
適切な克服をしていない危険性があります。

もしあなたがこれらの症状に悩まされているなら最後まで読んでください。
再発することない方法を記事の最後にお話します。

病気が派生して余計に辛かった

7.18.37

私は重症のチック症として診断された過去があります。

  • 顔をしかめる
  • 鼻をクンクンと鳴らす
  • 叫びたくなる衝動

これらに悩まされていました。

大げさに聞こえるかもしれませんが症状が辛すぎて息をするのも辛いと感じることもあったのです。

学生の時は授業中、社会人になってからは業務中に叫びたく成る衝動に襲われ、
それを我慢するために手足が震えて持っているペンを折ることもありました。

毎回ではないにしろ、周りの人からは異常者として認知されていたでしょう。

チック症(トゥレット症候群)から派生して

  • 強迫性障害
  • 学習障害
  • 睡眠障害

これらの病気にも苦しんだ経験があるのですが、
病院にいくと決まってSSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)、抗ドーパミン薬が処方されていました。

けど全く効果はありませんでしたね。

またMRIで脳波を検査しても全く異変が見つからないために、自
分でも自分の症状が恐ろしいとさえ感じることもあったのです。

挙動不審で社会不適合者にように思われる

anxiety-2019928_960_720
自分では意識していない間に変な動きをしてしまうので

嘘つきっぽく見られたり、変質者だと思われてしまいます

かくいう私も就職活動のときの面接では緊張に耐えることができずにいろいろやらかしてしまいました。

やはり詳しくは言えませんが
「会社のイメージを損ないかねない人物」だと思われてしまうこともあったのです。

なんとかして今の自分を変えたい、そしてこの病気を克服したい!と常日頃から感じていました。

もう悩む必要なんてないんですよ

ビジネスマン 1番

あなたはチック症を克服するためにどのような方法を試してきましたか??

  • 薬物治療法
  • カウンセリング
  • 行動療法

私は薬物治療を中心に受けてきました。

でも全然良くなることはありませんでした。

薬物治療やカウンセリング治療以外方法はない!と思っていたのですが、
実はもっと簡単でリスクはない方法があったんです。

私がチック症(トゥレット症候群)を治したのは、
「」

もしこれらを試しても効果が出なかったのであれば

チック症が酷すぎて息をするのも苦労した私がどうやってそれを完治させたのか?」私が治した方法の詳細をご覧下さい。

たった1日6分という隙間時間があなたにあるならば・・・

コメントを残す

このページの先頭へ