チック症の治療薬であるハロぺリドールの効果と副作用について

病院でチック症と診断されたときにハロペリドールを処方された人は多いと思います。

チックやトゥレット症候群が初めて発見されたときから今に至るなかでも

効果がある薬として初期から処方されてきました。

今回はハロペリドールが一体どんな薬なのかについてお話していきたいと思います。

効果は?

ハロペリドール
ハロペリドールは精神的な落ち着きをもたらせてくれる薬です。

チック症やトゥレット症候群のほかにも、アスペルガー症候群、躁鬱病などに悩まされている人にも処方されますよね。

興奮や不安、妄想を鎮めてくれるので

「駆り立てられるような気持ち」を静かに抑えてくれるのです。

またこの薬は子供もですし大人の患者さんにも処方されるので年齢問わず効果がある薬です。

ただし一定期間が過ぎると効果をあまり感じなく成ることがあるので十分に注意してくださいね

副作用は?

  • 手足の痺れ
  • 喉の乾き
  • やる気が起きずに精神的に停滞してしまう
  • 食欲不振
  • 睡眠障害
  • 吐き気や嘔吐
  • 喉がつまりやすく咳がでやすい
  • 下痢や便秘
  • 倦怠感

このような副作用があります。

服用した時に、眠気を感じることはないですか?

日中に働かなくては行けない時、授業に集中しなくてはいけないときに眠気を感じるようであれば、

夜の寝る前に服用することをおすすめします。

眠く成ってしまうことは多く特別不思議なことではありませんが、寝る前に飲むがベストですね。

この薬は常用することはオススメできません。

というのも抗体ができてしまい本当にチックを止めたいときに止めることができなくなることがあるので

一度服用し始めてから3週間ー1ヶ月くらい様子を見てみてくださいね!

あとは必ず用法・用量を守ってください、

これは当たり前なのですが、高い効果を期待することができなかったり

以前と比べるとなんか効き目が悪い、でも今日はなんとかしたいからいつもより多く飲もう!

なんてことはしないようにしてください。そうではないとより強い副作用に襲われることもありますし

さきほどお話しした副作用の効果以外の症状が出て来る場合はありますからね


スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ