薬を使わず治す!トゥレット症候群や子供のチック症は今日でさようならしませんか?

あなたは薬を服用せずにチック症や大人のトゥレット症候群を克服したい、解消したいですか?

悩む女性
薬を飲むという行為に精神的な疲れを感じます
先生
それは本能で薬を嫌がっているからかもしれませんね

実際に私はチックに悩まされているときは薬を見るだけでマイナスな気分に成っていました。

  • クロナゼパム
  • ハロペリドール
  • エビリファイ
  • リスペリドン
  • アリピプラゾール

チックやトゥレット症候群と診断されるとこのような薬が処方されるので
あなたも服用したことがあるはず。

薬物治療だけではない薬を使わずに治すことができたら

  • 薬を飲まなくてはいけないという精神的な圧迫がなくなる
  • 副作用に悩まされることがないので身体に負担が掛からない
  • 病院に通うことがないので、診察代、薬代がなくなるので生活にゆとりが出て来る

このようにチックを克服できるだけではない2次的なメリット(長所)もあるんですよ

薬物以外の治療法なら突発的な症状に対処出来る

錠剤の薬

薬を飲む時に注意しなくてはいけないのは
服用してからどれくらい経ったら血中内の濃度があがり、効果が出るのか?
ですよね。

実際に効果が出るまでに3時間前後かかってしまうと、突発的な症状を抑えることができません。

「止めたい時に止めることができない」
「今日は鞄に薬を入れて持って行くのを忘れてしまった」

このようなことは良くありますよね。

確かに薬で症状を止める事が出来たらその場は良いのですが
体の健康を考えると薬は服用しなくないはずです

放っておくことは絶対に良くない

diabetes-528678_960_720

放置は良くありません。

というのも
チック症やトゥレット症候群は他の精神病を引き起こす危険性が非常に高いからなんです
だから放置しておくことは良くない

囚われの病気と言われる強迫性障害、心臓発作のような痛みが襲って来るパニック障害を併発させてしまうリスクがあります。

特にこれらの病気を併発したときに処方されるのが、
ssri(セロトニンを一定にする効果のある薬)というものなのですが、副作用に悩まされる危険性が非常に高いのと、

慢性的に飲んでいるとこの薬の中毒症状が出てしまうことも多いということを覚えておいてくださいね。

ではどうやったら薬を飲まずに治す事が出来るのか?

無理矢理止める必要はない

症状を止めることができたら嬉しいですよね。

チックは無意識的にやってしまうことがあるのですが、

その衝動を自分で自覚したときにも止めることができるならばまだ良いと思います。

しかしこれは正しい克服法ではありません。

というのは「止める」というのは「我慢する」という言葉と似ています。

つまり自分の症状を自力で食い「止める」というのは、
我慢しているということなので余計にチックやトゥレットが悪化してしまうことにも繋がるのです。

あなたも経験あると思いますが、
無理矢理に症状を止めると後になって余計にその行為を繰り返してしまうことはありますよね。

なので無理矢理に止めるのは結果的に重症化させる恐れがあります。

一番ベストなのは、

無理をせずに改善させることによって「気にならなくする

これがベストです。
他人にもそうですし、自分でも「気にならなくする」ことが正しい最終的な目的地なんですよ。

自覚することなく、
そして他人から不思議がられることがないとしたら良いですよね。

ストレスを溜めることなく、根本から改善させていけば
徐々に自然治癒させることができます

悪いものの根っこの部分にアプローチをかけていくので、再発するリスクもないのですし

薬の量も減らし、いずれ飲まなくても済むようになるので心身・身体に負担が掛かることもなくなります。

ではどのような方法で改善させ、そして気にならなくすることができるのか?

私は中森式「自分で出来る6分間チック改善術」によってチックを改善させていきました。

finger_green_kakumaru

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ