まばたきが多い!ってなにかの病気のサインなのですか??

“困った女性"左
無意識のうちにまばたきをしている!と友達に指摘されたのですが、まばたきが多い病気ってどんなものが考えられますか?教えてください。

解答者の写真
2つの病気が考えられますのでお話して行きますね

眼瞼痙攣(がんけんけいれん)

美しい
まばたきを多くしてしまう病気として考えられる1つめは眼瞼痙攣というものです。

自然とまばたきをするようになるのはまぶたの裏に筋肉が収縮活動するからなのです。これは初期症状であり次第にまぶたが下がって来て瞳を塞いでしまうことにも成りかねない病気なのです。

視力があるにも関わらずまぶたが塞がって来てしまうために状況を把握することもできないくらい光を遮ることもあるのでこの痙攣を甘くみては決して行けないのです。

ではなぜ筋肉が収縮してしまうのか?原因は以下のようなものが考えられます

  • 向精神薬の副作用
  • まぶたや角膜の病気
  • 大脳の損傷

などが考えられていますが、直接な原因がなにであるかは現在の医学ではわかっていません。

チック症

チック症は運動性型と音声型の種類あり、じっとしていられないのが運動型で奇声や汚い言葉を発してしまうのが音声型です。

まばたきをたくさんする病気としても考えられています。まばたきをたくさんするだけではなく顔の表情を絶えず動かしたり方をしぼめたるという行動を繰り返すのが特徴です。

鼻をすすったり咳払いをすることは良く在ることですが、ただ音を出したいがためについついやってしまうのがチック症なのです。

子供に多い病気ですが大人になっても継続して患う人もいます。

見分け方は??

眼瞼痙攣(がんけんけいれん)とチック症の違いについてお話しします。

眼瞼痙攣は主に40代や高齢者の人が患者として多く、

  • 30秒間にどれだけまばたきをする事が出来るか
  • 大きく目を開いて、強くぐっと閉じる事が出来るか

この2つの項目ができないのであれば、眼瞼痙攣と診断されるでしょう。

チック症は子供の患者が多く、落ち着く事ができずにまばたきしてしまったり咳払いをしてしまうことが癖となっているのであればチック症という診断を受けるでしょう。

目に違和感がある人→眼瞼痙攣

違和感がないがじっとしていることができない人→チック症

このような違いがあるのです。

解答者の写真
この2つの病気は全く性質が異なりますので覚えておいてくださいね


スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ