チック症がいじめの原因にならないために注意しておきたいこととは?

チック症が原因で虐められてしまうことは報告されているケースでは少ないと言えるでしょう。

しかし絶対にいじめに発展しないか?と聞かれれば、正直それは御答えすることはできません。

なので今回はチック症がいじめの原因にならないようにしておきべきことと注意するべきことをお伝えしようと想います。

悩みの種にならないように

retuninarabukodo

まずは友達に理解してもらうようにさらっとでも良いのでチック症について行っておきましょう。

ネタにならないように予防線を張っておく事は非常に大事な事なのです。

チック症がネタになることも確かにあるのですが、それが根本的な原因だということも限らず、本人にももしかしたら原因があることだってあるので、

いじめの原因をチックに限定するような考え方は防ぐべきではないでしょうか?

また執拗にからかわれることもあると想いますが、チック以外のところになにかしら子供同士のコミュニケーションを妨げているものがある可能性があります。

また実際にイジメにあったときも、チック症が原因だと思い込ませないように注意しなくてはなりません。

チックは止めようとして止めることができるというわけではないので、自信が持てなく成ってしまったり

なんて自分は駄目な人間なんだと思い込ませないようにしましょう。

子供に説明する

チック症というものの症状やどのように向き合えば良いのか?をきちんと子供に説明する必要があります。

他のお友達に指摘される前に、

  • 自然に出てしまう
  • 特にリラックスしているときは出やすい
  • しかし何にも落ち度はない
  • 放っておけばいずれ良く成る

この4点はしっかりと伝えるべきでしょう。

また必要によっては担任の教師にもお伝えしておいて、どんな時にどんなような症状が起こりやすいのか?

またわざとではなく無意識にやっていることなどもお話しておけば問題が起きた時でもスムーズに対応してくれるのではないでしょうか?

早いうちに解決策を!

チック症が悪化するとトゥレットという病名になります。

症状の軽・重度は人に異なるのですが、突然ジャンプをし始めたり睡眠障害の症状がでることもあるのです。

じっと座ることができないという症状もあり、多動性から「特定の行為をしないとむずむずしたり気分が悪く成る」という衝動にも駆られることもあるのです。

なので早い段階から解決策を実行しなくてはなりません。

症状が酷くて不登校になったり、家の中でも暴力的な性格に変化してしまうこともあるので悪化の兆しが見えたら

私が克服した方法をやってみてはいかがでしょうか?


スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ